急上昇への疲労感?ビットコインが11%安の下落

急上昇への疲労感?ビットコインが11%安の下落

1万3千ドルまで急上昇したビットコインの価額が下落に転じ、一時1万1千ドル台を割り込んだ。現在は少し取り戻し1万1千ドルを回復したが、さらなる下落への懸念で市場に警戒感が広まっている。

コインマーケットキャップによると、28日午前11時30分時点でビットコインは過去24時間前より約13%安の1万1180ドル前後で推移している。価格が急落した要因はまだ明らかになっていないが、専門家らは最近の急上昇による疲労感を指摘している。

仮想通貨専門メディアTangentは「今日のビットコイン下落は過度な上昇以降に見える、自然な調整」と分析した。また「ビットコイン下落とインドの仮想通貨取引所Koinexの運営中断を関連付けることは無理な屁理屈だ」と強調した。

Koinexは同日、ツイッターに「27日午後5時半にもって、すべての取引サービスを中止する」と発表した。理由に挙げたのは「現地での規制の不確実性」。同発表後にビットコインが急落し始めた。

ビットコインが1万2500ドル突破…上昇理由は「FOMO効果」
ビットコイン、12000万ドルに急接近…年間最高値更新
楽観論広がる仮想通貨市場、「ビットコインは年内に2万ドル突破」
ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感
Amazon、「仮想通貨は投機資産…事業計画はない」
仮想通貨Libraの競争相手は…「銀行」
フェイスブック、独自の仮想通貨「リブラ(Libra)」公開…グローバル規制問題が浮上
「仮想通貨取引所の平均寿命は18ヶ月」
フェイスブックの仮想通貨プロジェクト…超大型パートナーシップ公開
Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る