急上昇への疲労感?ビットコインが11%安の下落

急上昇への疲労感?ビットコインが11%安の下落

1万3千ドルまで急上昇したビットコインの価額が下落に転じ、一時1万1千ドル台を割り込んだ。現在は少し取り戻し1万1千ドルを回復したが、さらなる下落への懸念で市場に警戒感が広まっている。

コインマーケットキャップによると、28日午前11時30分時点でビットコインは過去24時間前より約13%安の1万1180ドル前後で推移している。価格が急落した要因はまだ明らかになっていないが、専門家らは最近の急上昇による疲労感を指摘している。

仮想通貨専門メディアTangentは「今日のビットコイン下落は過度な上昇以降に見える、自然な調整」と分析した。また「ビットコイン下落とインドの仮想通貨取引所Koinexの運営中断を関連付けることは無理な屁理屈だ」と強調した。

Koinexは同日、ツイッターに「27日午後5時半にもって、すべての取引サービスを中止する」と発表した。理由に挙げたのは「現地での規制の不確実性」。同発表後にビットコインが急落し始めた。

ビットコインが1万2500ドル突破…上昇理由は「FOMO効果」
ビットコイン、12000万ドルに急接近…年間最高値更新
楽観論広がる仮想通貨市場、「ビットコインは年内に2万ドル突破」
ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感
Amazon、「仮想通貨は投機資産…事業計画はない」
仮想通貨Libraの競争相手は…「銀行」
フェイスブック、独自の仮想通貨「リブラ(Libra)」公開…グローバル規制問題が浮上
「仮想通貨取引所の平均寿命は18ヶ月」
フェイスブックの仮想通貨プロジェクト…超大型パートナーシップ公開
Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る