米国、イラン産原油禁輸の免除措置終了検討…国際原油価額が急騰

米国、イラン産原油禁輸の免除措置終了検討…国際原油価額が急騰

米国政府が、イラン産原油の輸入を特別に認めた除外措置を近いうちに打ち切り、イラン産原油全面輸入禁止の実施を検討していることが分かった。これまで除外措置の対象になったのは日本をはじめ、韓国、中国、インドなどで、国際原油価額が大きく揺れるとみられる。

AP通信は21日(現地時間)、米政府の関係者の言葉として「5月2日に打ち切るとなるイラン産石油輸入の除外措置を更新しないと、ポンペオ国務長官が22日に公式発表する」と報じた。

現在、除外措置でイラン産原油の輸入が認められている国は、日本、韓国、トルコ、中国、インドの5カ国。当初は8カ国であったが、イタリア、ギリシャ、台湾は昨年11月に輸入を停止した。

記事などによると、この5カ国が5月3日以降も輸入を中止しない場合、米国の制裁を受ける公算が大きいという。そのため、国際原油価格が大きく上昇する可能性と指摘されていたが、すでに世界の主要原油先物が急騰の動きを見せている。

米CNBCによると、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物は前日、約6か月ぶりの高値となる65.50ドルを記録した。北海ブレント原油の6月限先物も72.93ドルを記録し、昨年11月以来初めて72.90ドルを突破した。

専門家らは、「対イラン制裁がさらに強まると、原油供給への懸念が高まり、原油価額の上昇をさらに煽る可能性がある」と分析している。

【踊る原油市場】

原油価格、下半期80ドル台まで上昇する?
「脱エネルギー宣言」のサウジ…海外での原油・ガス開発へ
国際原油市場、ベネズエラの事態で変動性拡大は不可避
ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?
サウジ、追加減産計画を発表
米エネルギー省「2020年に『エネルギー独立』」
混沌の石油市場、米国‐OPEC‐ロシアの‟パワーゲーム”

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
  4. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  5. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
ページ上部へ戻る
Translate »