米国、イラン産原油禁輸の免除措置終了検討…国際原油価額が急騰

米国、イラン産原油禁輸の免除措置終了検討…国際原油価額が急騰

米国政府が、イラン産原油の輸入を特別に認めた除外措置を近いうちに打ち切り、イラン産原油全面輸入禁止の実施を検討していることが分かった。これまで除外措置の対象になったのは日本をはじめ、韓国、中国、インドなどで、国際原油価額が大きく揺れるとみられる。

AP通信は21日(現地時間)、米政府の関係者の言葉として「5月2日に打ち切るとなるイラン産石油輸入の除外措置を更新しないと、ポンペオ国務長官が22日に公式発表する」と報じた。

現在、除外措置でイラン産原油の輸入が認められている国は、日本、韓国、トルコ、中国、インドの5カ国。当初は8カ国であったが、イタリア、ギリシャ、台湾は昨年11月に輸入を停止した。

記事などによると、この5カ国が5月3日以降も輸入を中止しない場合、米国の制裁を受ける公算が大きいという。そのため、国際原油価格が大きく上昇する可能性と指摘されていたが、すでに世界の主要原油先物が急騰の動きを見せている。

米CNBCによると、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物は前日、約6か月ぶりの高値となる65.50ドルを記録した。北海ブレント原油の6月限先物も72.93ドルを記録し、昨年11月以来初めて72.90ドルを突破した。

専門家らは、「対イラン制裁がさらに強まると、原油供給への懸念が高まり、原油価額の上昇をさらに煽る可能性がある」と分析している。

【踊る原油市場】

原油価格、下半期80ドル台まで上昇する?
「脱エネルギー宣言」のサウジ…海外での原油・ガス開発へ
国際原油市場、ベネズエラの事態で変動性拡大は不可避
ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?
サウジ、追加減産計画を発表
米エネルギー省「2020年に『エネルギー独立』」
混沌の石油市場、米国‐OPEC‐ロシアの‟パワーゲーム”

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  2. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 日本経済が米中貿易戦争の余波にも、1四半期に“サプライズ成長”した。当初「ゼロ成長」あるいは「マイナ…
  4. 三日間20%以上下落したビットコインが上昇に転じ、再び8000ドル台を回復した。…
  5. 韓国アイドルグループの影響により、いわゆる“女々しい”男性が増えていることへの反発で、中国では「男子…

おすすめ記事

  1. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  2. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  3. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  4. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…
  5. 2019-4-28

    フェイスブックは“ファーストペンギン”になれるか

    「発行はされるようです。あとは時期の問題ではないでしょうか?また、フェイスブックがブロックチェーン技…

アーカイブ

ページ上部へ戻る