米国、イラン産原油禁輸の免除措置終了検討…国際原油価額が急騰

米国、イラン産原油禁輸の免除措置終了検討…国際原油価額が急騰

米国政府が、イラン産原油の輸入を特別に認めた除外措置を近いうちに打ち切り、イラン産原油全面輸入禁止の実施を検討していることが分かった。これまで除外措置の対象になったのは日本をはじめ、韓国、中国、インドなどで、国際原油価額が大きく揺れるとみられる。

AP通信は21日(現地時間)、米政府の関係者の言葉として「5月2日に打ち切るとなるイラン産石油輸入の除外措置を更新しないと、ポンペオ国務長官が22日に公式発表する」と報じた。

現在、除外措置でイラン産原油の輸入が認められている国は、日本、韓国、トルコ、中国、インドの5カ国。当初は8カ国であったが、イタリア、ギリシャ、台湾は昨年11月に輸入を停止した。

記事などによると、この5カ国が5月3日以降も輸入を中止しない場合、米国の制裁を受ける公算が大きいという。そのため、国際原油価格が大きく上昇する可能性と指摘されていたが、すでに世界の主要原油先物が急騰の動きを見せている。

米CNBCによると、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物は前日、約6か月ぶりの高値となる65.50ドルを記録した。北海ブレント原油の6月限先物も72.93ドルを記録し、昨年11月以来初めて72.90ドルを突破した。

専門家らは、「対イラン制裁がさらに強まると、原油供給への懸念が高まり、原油価額の上昇をさらに煽る可能性がある」と分析している。

【踊る原油市場】

原油価格、下半期80ドル台まで上昇する?
「脱エネルギー宣言」のサウジ…海外での原油・ガス開発へ
国際原油市場、ベネズエラの事態で変動性拡大は不可避
ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?
サウジ、追加減産計画を発表
米エネルギー省「2020年に『エネルギー独立』」
混沌の石油市場、米国‐OPEC‐ロシアの‟パワーゲーム”

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »