カテゴリー:オピニオン

  • 米朝首脳会談の舞台ベトナム、会談決裂にも「損してない」

    米国と北朝鮮による2回目の米朝首脳会談が開催された2月28日、ベトナム・ハノイの グエン・ドク・チュン市人民委員会委員長(ハノイ市長)は異例にも市のホームページに公告を出した。同氏は「海外の記者や友人に、優雅で親切で教養のあるベトナム国民、ハノイ市民のイメージをアピールしよう」とし、首脳会談期間中に外国人対象のぼったくりをやめるように呼びかけた。
  • 揺れている韓国輸出、内需主導の成長戦略が必要か

    韓国の輸出が揺れている。産業通商資源部によると、1月の輸出額は前年同期比で5.8%減少した。昨年12月(-1.2%)から2カ月連続だ。中国の成長率低下、そして半導体の不調がその要因と指摘されている。
  • 韓国、通勤のお供がマスクとウェットティッシュ…その理由は?

    韓国政府の世宗庁舎へは自転車で通勤しているのだが、その際に必ず携帯するアイテムが3つある。防寒用の手袋とPM2.5対策用のマスク、そしてウェットティッシュだ。
  • 中国の自動車市場縮小、本当の理由は?

    世界最大の自動車市場である中国での販売台数が減少し、輸出元となる各国の自動車メーカーは、生産ラインの縮小や人員削減など全面的なリストラクチャリングに直面している。
  • 消えゆく店舗…アマゾンのシェアが80%超える

    [ワールドリポート] 消えゆく店舗…アマゾンのシェアが80%超える 米国の流通業界において昨年の大きなニュースを挙げるならば①125年の伝統を持つ百貨店シアーズの破綻②玩具量販店トイザらスのアジア事業売却③アマゾ…
  • 「日本通がいない」…人員不足で悩む韓国

    「日本通がいない」…人員不足で悩む韓国 日韓関係の膠着が続く中、悪材料ばかりが露見している。昨年12月20日、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に向けてレーダーを照射したとされる問題をめぐり、日本側は強い遺憾を…
  • 2019年の韓国経済…進退窮まる

    2019年の韓国経済…進退窮まる 2018年初めに大きな希望を抱いて始まった韓国経済だが、下半期に入り景気後退が本格化している。第一四半期には前期比1.0%成長と期待が高まったが、第二四半期と第三四半期はともに0…
  • 台湾が脱原発を放棄…その理由は?

    台湾が脱原発を放棄...その理由は? 台湾の蔡英文政権の脱原発政策にブレーキがかかっている。先月24日、地方選挙と同時に実施された国民投票で民心が明らかとなったからだ。 台湾中央選挙委員会によると「2025年までに現在稼…
  • 板挟み状態の韓国…朝鮮半島の非核化は可能なのか

    板挟み状態の韓国…朝鮮半島の非核化は可能なのか 北朝鮮の核問題が初めて議論されてから早30年余りが経過した。朝鮮半島から核が消えるのは果たしていつになるのだろうか。 今年6月の米朝首脳会議時には、トランプ米大…
  • 拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界 中国の指導部が人工知能(AI)をテーマにセミナーを開催した。このような国を挙げての産業政策に舌を巻く西欧諸国も多い。AIは今後、各国の産業競争力を牽引する核心分野であるた…

ピックアップ記事

  1. 韓国の新型コロナウイルスの新規感染者数は15日0時基準で前日より4万9118人増加し、7万2883人…
  2. 日本が自由旅行目的のノービザ入国を認めた10月11日以降、韓国から日本への入国者数が大き…
  3. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »