ビットコインが急上昇、4000ドルを回復…イオス(EOS)は11%高

ビットコインが急上昇、4000ドルを回復…イオス(EOS)は11%高

ビットコインの価額が急上昇し4000ドル台を回復した。前日3930ドル台まで下落したが、1日も経たないうちに2%以上の急反発の動きを見せ、再び4000ドル台を奪還した。

コインマーケットキャップによると、ビットコインの価額は27日午後15時30分時点で過去24時間比2.21%高の4046ドル前後で推移している。ビットコインの急激な動きに他のコインも上げ幅を拡大し、時価総額10位圏の殆どのコインが1~11%以上の上昇率を記録中だ。

特にイオス(EOS)は11%以上上昇し、4ドル前後で取引されている。イオスは6月まで、さまざまな新規アップデートを準備している。イオスの創設者ダニエル・ラリマー氏は「6月にはイオス史上最高の月になるだろう」と述べ、期待感が高まっている。

【ビットコインの市況】

マイニング最大手BitMain、新規株式公開が挫折
ビットコイン、再び4000ドル割り込む
ヤフージャパン、仮想通貨取引所事業へ進出
ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上
麻生副総理「仮想通貨の税率、変更はない」
韓国のLINEと呼ばれる「カカオトーク」、仮想通貨ウォレット搭載を検討中
北朝鮮、6億7000ドルの仮想通貨を保有
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
ブロックチェーン関連特許が最も多い国は中国
エンジンコイン、世界中のゲームやサービスと提携
米SEC、「イーサリアムは証券ではない」
Galaxy S10に「キーストア」を搭載した理由は?ブロックチェーンの強力な後ろ盾に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »