マイニング最大手BitMain、新規株式公開が挫折

■香港証券取引所、BitMainのIPO承認拒否
世界最大仮想通貨採掘会社であるBitMain(ビットメイン)の新規株式公開(IPO)計画が水泡に帰した。

26日(現地時間)、コインデスクなど海外メディアによると、香港証券取引所に申請したビットメインのIPO手続きが進められず25日に6カ月間の有効期限を迎えた。これにより、ビットメインのIPOは実質的に挫折したことになった。

海外メディアは、仮想通貨市場の低迷とそれに伴うビットメインの収益性の低下が香港証券取引所の承認拒否の背景だと分析している。ビットメイン側は「時が来れば再びIPO申請を行う予定」とし「内実を固めることに注力したい」と述べた。

■SECのビットコインETF承認可否、4月1日に決定予定
米国証券取引委員会(SEC)のビットコイン上場投資信託(ETF)の承認可否が、一週間内に決まる見通しだとビットコイニストが報じた。

記事によると、SECのビットコインETF承認可否決定の1次発表日は4月1日で、最終決定が下される時期は10月中旬に予定されている。SECがビットコインETFを承認する場合、仮想通貨市場が再び活気を帯びる契機になると予想される。

■ルイ・ヴィトン、ブランド品の流通管理にブロックチェーン導入
高級ブランドを生産するルイ・ヴィトンが製品の流通管理にブロックチェーンの技術を導入する予定だ。コインデスクが26日(現地時間)に伝えた。ルイ・ヴィトンはブロックチェーン基盤の流通管理プラットフォーム「アウラ(AURA)」を開発しており、5月よりクリスチャン・ディオールの商品流通管理に優先適用する計画だ。

ルイ・ヴィトンの関係者は、「原材料から販売、中古管理に至るまで、生産された製品を追跡・管理できる新しいプラットフォーム」とし「ブランド管理、知的財産権の保護、広告、イベントなど様々な分野にプラスの効果が期待される」と明らかにした。

【ビットコインの市況】

ビットコイン、再び4000ドル割り込む
ヤフージャパン、仮想通貨取引所事業へ進出
ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上
麻生副総理「仮想通貨の税率、変更はない」
韓国のLINEと呼ばれる「カカオトーク」、仮想通貨ウォレット搭載を検討中
北朝鮮、6億7000ドルの仮想通貨を保有
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
ブロックチェーン関連特許が最も多い国は中国
エンジンコイン、世界中のゲームやサービスと提携
米SEC、「イーサリアムは証券ではない」
Galaxy S10に「キーストア」を搭載した理由は?ブロックチェーンの強力な後ろ盾に
エンジンコイン(ENJ)、1ヶ月で約10倍も急上昇

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1万3000ドルまで上昇したビットコインがここ一週間の間に約26%下落し9000ドル台にとどまってい…
  2. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  3. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  5. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る