ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」

■ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
仮想通貨業界の代表的な楽観主義者であるビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏が肯定的な見通しを出した。

コインテレグラフによると、ヘイズ氏はビットメックスのニュースレターを通じて「今年の第4四半期頃に仮想通貨市場が回復傾向を見せるだろう」と展望した。また「ビットコインが年内に心理的抵抗線である1万ドルを突破することができる」とし「1万ドルを超えると2万ドルに行くには1ヶ月もかからないだろう」と分析した。

■UPS、ブロックチェーン基盤の電子商取引プラットフォームお目見え
世界的な国際貨物輸送会社であるUPSが電子商取引技術企業であるインセプション(Inxeption)と協力し、B2B対象のブロックチェーン電子商取引プラットフォームを披露した。23日(現地時間)にビットコイニストが報じた。

UPSとインセプションはブロックチェーン基盤の電子商取引プラットフォームを活用して、物流と電子商取引という両社の長所を組み合わせる方針。UPSの最高マーケティング責任者であるケビン・ウォーレン氏は、「ブロックチェーン技術を活用して、企業間の商品取引の正確性と透明性を高めることができる」とし「これを電子商取引プラットフォームと連携することで、全世界B2B市場の新たな技術革新をもたらす」と自信を見せた。

【ビットコインの市況】

ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上
麻生副総理「仮想通貨の税率、変更はない」
韓国のLINEと呼ばれる「カカオトーク」、仮想通貨ウォレット搭載を検討中
北朝鮮、6億7000ドルの仮想通貨を保有
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
ブロックチェーン関連特許が最も多い国は中国
エンジンコイン、世界中のゲームやサービスと提携
米SEC、「イーサリアムは証券ではない」
Galaxy S10に「キーストア」を搭載した理由は?ブロックチェーンの強力な後ろ盾に
エンジンコイン(ENJ)、1ヶ月で約10倍も急上昇
バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る