ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」

■ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
仮想通貨業界の代表的な楽観主義者であるビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏が肯定的な見通しを出した。

コインテレグラフによると、ヘイズ氏はビットメックスのニュースレターを通じて「今年の第4四半期頃に仮想通貨市場が回復傾向を見せるだろう」と展望した。また「ビットコインが年内に心理的抵抗線である1万ドルを突破することができる」とし「1万ドルを超えると2万ドルに行くには1ヶ月もかからないだろう」と分析した。

■UPS、ブロックチェーン基盤の電子商取引プラットフォームお目見え
世界的な国際貨物輸送会社であるUPSが電子商取引技術企業であるインセプション(Inxeption)と協力し、B2B対象のブロックチェーン電子商取引プラットフォームを披露した。23日(現地時間)にビットコイニストが報じた。

UPSとインセプションはブロックチェーン基盤の電子商取引プラットフォームを活用して、物流と電子商取引という両社の長所を組み合わせる方針。UPSの最高マーケティング責任者であるケビン・ウォーレン氏は、「ブロックチェーン技術を活用して、企業間の商品取引の正確性と透明性を高めることができる」とし「これを電子商取引プラットフォームと連携することで、全世界B2B市場の新たな技術革新をもたらす」と自信を見せた。

【ビットコインの市況】

ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上
麻生副総理「仮想通貨の税率、変更はない」
韓国のLINEと呼ばれる「カカオトーク」、仮想通貨ウォレット搭載を検討中
北朝鮮、6億7000ドルの仮想通貨を保有
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
ブロックチェーン関連特許が最も多い国は中国
エンジンコイン、世界中のゲームやサービスと提携
米SEC、「イーサリアムは証券ではない」
Galaxy S10に「キーストア」を搭載した理由は?ブロックチェーンの強力な後ろ盾に
エンジンコイン(ENJ)、1ヶ月で約10倍も急上昇
バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »