“サムスンコイン”が発行される?

[ファクトチェック] “サムスンコイン”が発行?

世に氾濫する仮想通貨やブロックチェーン関連のニュースは果たして全て事実なのだろうか。ブロックポストは、事実関係の確認が必要だと思われるイシューを選別し、その真偽の程について検証してみることにした。

先月8日に仮想通貨ウォレット「キーストア」を搭載したGalaxy S10を披露し、業界の話題をさらったサムスン電子。仮想通貨を使用する際に必要となる秘密鍵(プライベートキー)を保管できるシステムで、仮想通貨決済の利便性向上に一役買ったと評価されている。

ブロックチェーン技術を活用したサービスを、サムスン電子が直接発表したわけではない。しかし、スマホ企業の世界的リーダーとして君臨する同社だけに、業界ではサムスンが今後ブロックチェーン事業を拡大するのではないかという期待が高まった。韓国のネット上ではサムスンが直接仮想通貨を発行するとの根拠のない予測や意見までみられるようになった。

メディアも動いた。サムスン電子の内部事情に精通する人物の言葉として、「社内にブロックチェーン専門のチームが存在し、『サムスンコイン』と名付けられた仮想通過の発行を検討している」との記事が出た。

ビットコインの価格が上昇傾向にある中で、今回の知らせは投資家を歓喜させた。しかし、サムスン電子は「チームの存在は事実だが、ブロックチェーンを活用したメインネットの発売や、自社仮想通貨発行などの計画は今のところない」との立場を明らかにした。

続けて「提携関係にある企業と手を組んでサービスを行うことは可能だが、サービスの主体となるのは弊社ではない。Galaxy S10に搭載された機能は、個人鍵を保管することができるソフトウェア的な空間を作成しただけで、報道にあったような一連の内容はいずれも拡大解釈に過ぎない」と説明した。

もちろんサムスン電子がブロックチェーン技術を活用したサービスを開発したり、「サムスンコイン」を発行する可能性が全くないわけではない。しかし、直近での実現は難しそうだ。

BTCが5200ドル割り込む… USDTへの疑惑が原因?
仮想通貨が一斉に下落…BTCは再び5400ドル台に
ビットコインが5500ドル突破…「ゴールデンクロスが示現」
ビットコインが今年最高値記録…専門家ら「6000ドルまで上昇」
ビットコインの採掘、損益分岐点は3550ドル前後

[ファクトチェック] ビットコインが4カ月ぶりに5000ドルを突破したわけとは?
ブテリン氏もBSVの上場廃止を支持
バイナンス、ビットコインSVの上場廃止を宣言
仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?
ブテリン氏「イーサリアム2.0の開発は巡航中」
[ファクトチェック] 東京都では、仮想通貨でレンタサイクルが利用可能?
トロン(TRX)とイーサリアム(ETH)が提携?
「ビットコイン(BTC)よりリップル(XRP)」
スターバックス、真の目的はビットコイン銀行
ビットコイン、急上昇の理由は「大規模アルゴリズム取引」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »