“リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想

“リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想

Facebookの独自仮想通貨「リブラ」への総攻撃で仮想通貨市場全体が大きく萎縮した。

「リブラ」に対する米上院銀行委員会の公聴会が16日に開かれたなか、出席者から批判的な意見や質問が相次ぎ、その影響で仮想通貨の価額が大きく下落した。特に仮想通貨市場をけん引しているビットコインの下げは激しく、公聴会直後にはついに1万ドル台を割り込んだ。

1万ドルを回復して約1か月ぶりのことで、さらなる下落を懸念する雰囲気も広がっている。17日午後2時30分現時点では約9500ドル台で推移している。

仮想通貨専門媒体NewsBTCはトランプ大統領の“反仮想通貨発言”やムニューシン米財務長官の“安保上の問題”発言を取り上げながら、「仮想通貨に対する否定的な情緒で市場が弱気相場に転換されている」と報じた。また専門家らの言葉として「ビットコインの価格が今後数週間または数ヶ月の間に6000ドル台に戻っていく可能性が高くなった」と伝えた。

金融専門メディアFxstreetの分析では、9600ドル、9775ドル、9900ドルの3つの抵抗ラインがあり、「1万ドル回復までは多少厳しい状況」と伝えている。

一方で人気仮想通貨アナリストであるジョシュ・ラガー(Josh Rager)氏は「すべての投資家は現在のビットコインの価格状況を嬉しく思いべきだ。なぜなら、ビットコインを1万ドル以下で買うことができる別の機会を得たからだ」と述べた。

米上院の「フェイスブック・リブラ」聴聞会…ビットコインが1万ドル割れ
仮想通貨報酬をもらいながら健康に!「リンポ」を実際に使ってみた!
仮想通貨35億円が不正流出… ビットポイントジャパン、全サービス停止
トランプ氏、仮想通貨に初見解…「ビットコインは貨幣ではない」
「アップルもグーグルも2年以内に仮想通貨市場に参入」=ウィンクルボス兄弟
ゴールドマンも独自の仮想通貨発行?
米格付け会社ワイスレーティングス、ビットコインに初の「A」評価
ビットコインが急騰…1万2500ドル突破
中国中央銀行、「Facebookのリブラに対抗する金融インフラを推進」
欧州中央銀行、「Facebookのリブラに迅速な規制が必要」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »