“リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想

“リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想

Facebookの独自仮想通貨「リブラ」への総攻撃で仮想通貨市場全体が大きく萎縮した。

「リブラ」に対する米上院銀行委員会の公聴会が16日に開かれたなか、出席者から批判的な意見や質問が相次ぎ、その影響で仮想通貨の価額が大きく下落した。特に仮想通貨市場をけん引しているビットコインの下げは激しく、公聴会直後にはついに1万ドル台を割り込んだ。

1万ドルを回復して約1か月ぶりのことで、さらなる下落を懸念する雰囲気も広がっている。17日午後2時30分現時点では約9500ドル台で推移している。

仮想通貨専門媒体NewsBTCはトランプ大統領の“反仮想通貨発言”やムニューシン米財務長官の“安保上の問題”発言を取り上げながら、「仮想通貨に対する否定的な情緒で市場が弱気相場に転換されている」と報じた。また専門家らの言葉として「ビットコインの価格が今後数週間または数ヶ月の間に6000ドル台に戻っていく可能性が高くなった」と伝えた。

金融専門メディアFxstreetの分析では、9600ドル、9775ドル、9900ドルの3つの抵抗ラインがあり、「1万ドル回復までは多少厳しい状況」と伝えている。

一方で人気仮想通貨アナリストであるジョシュ・ラガー(Josh Rager)氏は「すべての投資家は現在のビットコインの価格状況を嬉しく思いべきだ。なぜなら、ビットコインを1万ドル以下で買うことができる別の機会を得たからだ」と述べた。

米上院の「フェイスブック・リブラ」聴聞会…ビットコインが1万ドル割れ
仮想通貨報酬をもらいながら健康に!「リンポ」を実際に使ってみた!
仮想通貨35億円が不正流出… ビットポイントジャパン、全サービス停止
トランプ氏、仮想通貨に初見解…「ビットコインは貨幣ではない」
「アップルもグーグルも2年以内に仮想通貨市場に参入」=ウィンクルボス兄弟
ゴールドマンも独自の仮想通貨発行?
米格付け会社ワイスレーティングス、ビットコインに初の「A」評価
ビットコインが急騰…1万2500ドル突破
中国中央銀行、「Facebookのリブラに対抗する金融インフラを推進」
欧州中央銀行、「Facebookのリブラに迅速な規制が必要」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る