[ファクトチェック] 中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

[ファクトチェック] 中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

世に氾濫する仮想通貨やブロックチェーン関連のニュースは果たして全て事実なのだろうか。ブロックポストは、事実関係の確認が必要だと思われるイシューを選別し、その真偽の程について検証してみることにした。

■中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

今月初め、あるブロックチェーン専門メディアが「中国でマイニングマシンを購入しようとする動きが活発になっている」と報道した。昨年12月までは、中古市場において売買されるだけであったマイニングマシン。わずか4か月の間に中国のマイニング市場が活気を取り戻した理由は何であろうか。

最も大きな要因は、昨年3205ドル(約36万円)まで落ち込んだビットコイン価格が、今年初め5200ドル(約57万円) まで回復したことだ。HOPEHASHのチェ・ソンフン代表は「中国の電気料金は、1kWhあたり約6セント程度であるにも関わらず、昨年のマイニング産業は採算割れに近い状況だったが、最近のビットコイン価格の上昇に伴い、中古マシンを購入しようとする人が増えている」と語った。

中国内の景気が振るわないこともプラスに働いたようだ。チェ代表は「最も景気が良かったときは、工場の電力を確保するため、マイナー業者に対する政府の取り締まりも厳しかった。しかし最近は工場の稼働率が低下しており、むしろ電力は余っている状況だ」と説明した。

この余剰電力をマイナー業者らがマイニングに活用するといったケースが次第に増えてきている。チェ代表は「世界的に見ても、マイナー産業が昨年と比べ好況なことは確か。中国だけでなくモンゴルやヨーロッパなども、似たような様相を呈している」と付け加えた。

[ファクトチェック] 東京都では、仮想通貨でレンタサイクルが利用可能?
トロン(TRX)とイーサリアム(ETH)が提携?
「ビットコイン(BTC)よりリップル(XRP)」
スターバックス、真の目的はビットコイン銀行
ビットコイン、急上昇の理由は「大規模アルゴリズム取引」

ビットコイン、再び5000ドル突破…BCHは60%高
ビットコインの急上昇、理由は偽ニュースのお陰?
ビットコインが今年最高値…再び4200ドル台に上るか
世界銀行、「リップルが国際送金市場を変える」
米SEC、ビットコインETFの承認可否をまたも延期
韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性
アップルの参戦はいつ…「アップルコインはフェイスブックコインを飛び越える」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »