[ファクトチェック] 中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

[ファクトチェック] 中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

世に氾濫する仮想通貨やブロックチェーン関連のニュースは果たして全て事実なのだろうか。ブロックポストは、事実関係の確認が必要だと思われるイシューを選別し、その真偽の程について検証してみることにした。

■中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

今月初め、あるブロックチェーン専門メディアが「中国でマイニングマシンを購入しようとする動きが活発になっている」と報道した。昨年12月までは、中古市場において売買されるだけであったマイニングマシン。わずか4か月の間に中国のマイニング市場が活気を取り戻した理由は何であろうか。

最も大きな要因は、昨年3205ドル(約36万円)まで落ち込んだビットコイン価格が、今年初め5200ドル(約57万円) まで回復したことだ。HOPEHASHのチェ・ソンフン代表は「中国の電気料金は、1kWhあたり約6セント程度であるにも関わらず、昨年のマイニング産業は採算割れに近い状況だったが、最近のビットコイン価格の上昇に伴い、中古マシンを購入しようとする人が増えている」と語った。

中国内の景気が振るわないこともプラスに働いたようだ。チェ代表は「最も景気が良かったときは、工場の電力を確保するため、マイナー業者に対する政府の取り締まりも厳しかった。しかし最近は工場の稼働率が低下しており、むしろ電力は余っている状況だ」と説明した。

この余剰電力をマイナー業者らがマイニングに活用するといったケースが次第に増えてきている。チェ代表は「世界的に見ても、マイナー産業が昨年と比べ好況なことは確か。中国だけでなくモンゴルやヨーロッパなども、似たような様相を呈している」と付け加えた。

[ファクトチェック] 東京都では、仮想通貨でレンタサイクルが利用可能?
トロン(TRX)とイーサリアム(ETH)が提携?
「ビットコイン(BTC)よりリップル(XRP)」
スターバックス、真の目的はビットコイン銀行
ビットコイン、急上昇の理由は「大規模アルゴリズム取引」

ビットコイン、再び5000ドル突破…BCHは60%高
ビットコインの急上昇、理由は偽ニュースのお陰?
ビットコインが今年最高値…再び4200ドル台に上るか
世界銀行、「リップルが国際送金市場を変える」
米SEC、ビットコインETFの承認可否をまたも延期
韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性
アップルの参戦はいつ…「アップルコインはフェイスブックコインを飛び越える」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »