[ファクトチェック] 中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

[ファクトチェック] 中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

世に氾濫する仮想通貨やブロックチェーン関連のニュースは果たして全て事実なのだろうか。ブロックポストは、事実関係の確認が必要だと思われるイシューを選別し、その真偽の程について検証してみることにした。

■中国のマイナー達がこぞってマイニングマシンを購入する訳とは?

今月初め、あるブロックチェーン専門メディアが「中国でマイニングマシンを購入しようとする動きが活発になっている」と報道した。昨年12月までは、中古市場において売買されるだけであったマイニングマシン。わずか4か月の間に中国のマイニング市場が活気を取り戻した理由は何であろうか。

最も大きな要因は、昨年3205ドル(約36万円)まで落ち込んだビットコイン価格が、今年初め5200ドル(約57万円) まで回復したことだ。HOPEHASHのチェ・ソンフン代表は「中国の電気料金は、1kWhあたり約6セント程度であるにも関わらず、昨年のマイニング産業は採算割れに近い状況だったが、最近のビットコイン価格の上昇に伴い、中古マシンを購入しようとする人が増えている」と語った。

中国内の景気が振るわないこともプラスに働いたようだ。チェ代表は「最も景気が良かったときは、工場の電力を確保するため、マイナー業者に対する政府の取り締まりも厳しかった。しかし最近は工場の稼働率が低下しており、むしろ電力は余っている状況だ」と説明した。

この余剰電力をマイナー業者らがマイニングに活用するといったケースが次第に増えてきている。チェ代表は「世界的に見ても、マイナー産業が昨年と比べ好況なことは確か。中国だけでなくモンゴルやヨーロッパなども、似たような様相を呈している」と付け加えた。

[ファクトチェック] 東京都では、仮想通貨でレンタサイクルが利用可能?
トロン(TRX)とイーサリアム(ETH)が提携?
「ビットコイン(BTC)よりリップル(XRP)」
スターバックス、真の目的はビットコイン銀行
ビットコイン、急上昇の理由は「大規模アルゴリズム取引」

ビットコイン、再び5000ドル突破…BCHは60%高
ビットコインの急上昇、理由は偽ニュースのお陰?
ビットコインが今年最高値…再び4200ドル台に上るか
世界銀行、「リップルが国際送金市場を変える」
米SEC、ビットコインETFの承認可否をまたも延期
韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性
アップルの参戦はいつ…「アップルコインはフェイスブックコインを飛び越える」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  3. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…
  4. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  5. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る