韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性

韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性

韓国最大の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)で不自然な出金行為が発生し、警察当局が捜査に着手した。ビッサム側は30日、現在被害規模を確認中であり、システムが安定するまで仮想通貨の入出金サービスを暫定的に中止すると発表した。

ビッサムの運営会社BTCコリアは、「29日夜10時頃、取引所内で不自然な出金行為を捕捉した」とし「当社が保有している仮想通貨の一部が外部に流出した事実を把握し、1時間後の23時から仮想通貨の入出金サービスを中止した」と発表した。

ビッサムは、今回の仮想通貨盗難事故が外部からの攻撃ではなく、内部犯行であると判断している。システムの点検結果、外部からの侵入の痕跡が発見されていないからだ。

今回に発生した不自然な出金行為がハッキングによる事件になる場合、2016年6月、2017年6月に続き、ビッサムに発生した3回目のハッキングとなる。ビッサムは現在、警察に捜査を依頼した状況。ホームページを通じては「会員の資産流出などの被害は確認されていない」とし「会社規定に基づいて、すべての会員の仮想通貨資産はコールドウォレットで安全に保管されている」と強調した。また盗難された仮想通貨は会員の資産ではなく、ビッサムが保有する資産だという。

一方、仮想通貨イオス(EOS)を監視する企業「EOSオーソリティー」は、ビッサムの被害規模について「ビッサムが保有するイオス5千300万個のうち、300万個が盗難されたとみられる」と伝えた。現在の相場にすると、約15億円に相当する。

【ビットコインの市況】

アップルの参戦はいつ…「アップルコインはフェイスブックコインを飛び越える」
マイニング最大手BitMain、新規株式公開が挫折
ビットコイン、再び4000ドル割り込む
ヤフージャパン、仮想通貨取引所事業へ進出
ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上
麻生副総理「仮想通貨の税率、変更はない」
韓国のLINEと呼ばれる「カカオトーク」、仮想通貨ウォレット搭載を検討中
北朝鮮、6億7000ドルの仮想通貨を保有
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
ブロックチェーン関連特許が最も多い国は中国
エンジンコイン、世界中のゲームやサービスと提携
米SEC、「イーサリアムは証券ではない」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る