韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性

韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性

韓国最大の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)で不自然な出金行為が発生し、警察当局が捜査に着手した。ビッサム側は30日、現在被害規模を確認中であり、システムが安定するまで仮想通貨の入出金サービスを暫定的に中止すると発表した。

ビッサムの運営会社BTCコリアは、「29日夜10時頃、取引所内で不自然な出金行為を捕捉した」とし「当社が保有している仮想通貨の一部が外部に流出した事実を把握し、1時間後の23時から仮想通貨の入出金サービスを中止した」と発表した。

ビッサムは、今回の仮想通貨盗難事故が外部からの攻撃ではなく、内部犯行であると判断している。システムの点検結果、外部からの侵入の痕跡が発見されていないからだ。

今回に発生した不自然な出金行為がハッキングによる事件になる場合、2016年6月、2017年6月に続き、ビッサムに発生した3回目のハッキングとなる。ビッサムは現在、警察に捜査を依頼した状況。ホームページを通じては「会員の資産流出などの被害は確認されていない」とし「会社規定に基づいて、すべての会員の仮想通貨資産はコールドウォレットで安全に保管されている」と強調した。また盗難された仮想通貨は会員の資産ではなく、ビッサムが保有する資産だという。

一方、仮想通貨イオス(EOS)を監視する企業「EOSオーソリティー」は、ビッサムの被害規模について「ビッサムが保有するイオス5千300万個のうち、300万個が盗難されたとみられる」と伝えた。現在の相場にすると、約15億円に相当する。

【ビットコインの市況】

アップルの参戦はいつ…「アップルコインはフェイスブックコインを飛び越える」
マイニング最大手BitMain、新規株式公開が挫折
ビットコイン、再び4000ドル割り込む
ヤフージャパン、仮想通貨取引所事業へ進出
ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上
麻生副総理「仮想通貨の税率、変更はない」
韓国のLINEと呼ばれる「カカオトーク」、仮想通貨ウォレット搭載を検討中
北朝鮮、6億7000ドルの仮想通貨を保有
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
ブロックチェーン関連特許が最も多い国は中国
エンジンコイン、世界中のゲームやサービスと提携
米SEC、「イーサリアムは証券ではない」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »