世界銀行、「リップルが国際送金市場を変える」

■世界銀行、「リップルが国際送金市場を変える」
世界銀行がリップル(XRP)基盤の国際送金技術について肯定的な評価を出した。

世界銀行の金融専門家マーク・ニコール氏は1日、「リップルのXラピッド(xRapid)技術がSWIFTなどの既存の銀行送金システムより速く、より透明な処理が可能になる。また従来に比べ40〜70%のコスト削減が可能だ」とし「ブロックチェーン技術が国際送金市場の重要な変数として浮上するとみられる」と展望した。

■SEC「仮想通貨専門の法律顧問を探します」
米国証券取引委員会(SEC)が、仮想通貨などのデジタル資産に関する包括的な法律諮問ができる専門家を探す求人広告を出した。

1日(現地時間)、コインテレグラフによると、SECは米政府の公式求人サイトを介してデジタル資産に関連する法律諮問を求める公告を掲載した。公告では、当局と協力して仮想通貨とデジタル資産に対する総合的な計画を策定し、専門的な助言が可能な専門家を条件として明示した。応募資格は、弁護士資格を持つことで、4年以上の経歴を求めている。

【ビットコインの市況】

米SEC、ビットコインETFの承認可否をまたも延期
韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性
アップルの参戦はいつ…「アップルコインはフェイスブックコインを飛び越える」
マイニング最大手BitMain、新規株式公開が挫折
ビットコイン、再び4000ドル割り込む
ヤフージャパン、仮想通貨取引所事業へ進出
ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上
麻生副総理「仮想通貨の税率、変更はない」
韓国のLINEと呼ばれる「カカオトーク」、仮想通貨ウォレット搭載を検討中
北朝鮮、6億7000ドルの仮想通貨を保有
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
ブロックチェーン関連特許が最も多い国は中国
エンジンコイン、世界中のゲームやサービスと提携

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »