世界銀行、「リップルが国際送金市場を変える」

■世界銀行、「リップルが国際送金市場を変える」
世界銀行がリップル(XRP)基盤の国際送金技術について肯定的な評価を出した。

世界銀行の金融専門家マーク・ニコール氏は1日、「リップルのXラピッド(xRapid)技術がSWIFTなどの既存の銀行送金システムより速く、より透明な処理が可能になる。また従来に比べ40〜70%のコスト削減が可能だ」とし「ブロックチェーン技術が国際送金市場の重要な変数として浮上するとみられる」と展望した。

■SEC「仮想通貨専門の法律顧問を探します」
米国証券取引委員会(SEC)が、仮想通貨などのデジタル資産に関する包括的な法律諮問ができる専門家を探す求人広告を出した。

1日(現地時間)、コインテレグラフによると、SECは米政府の公式求人サイトを介してデジタル資産に関連する法律諮問を求める公告を掲載した。公告では、当局と協力して仮想通貨とデジタル資産に対する総合的な計画を策定し、専門的な助言が可能な専門家を条件として明示した。応募資格は、弁護士資格を持つことで、4年以上の経歴を求めている。

【ビットコインの市況】

米SEC、ビットコインETFの承認可否をまたも延期
韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性
アップルの参戦はいつ…「アップルコインはフェイスブックコインを飛び越える」
マイニング最大手BitMain、新規株式公開が挫折
ビットコイン、再び4000ドル割り込む
ヤフージャパン、仮想通貨取引所事業へ進出
ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上
麻生副総理「仮想通貨の税率、変更はない」
韓国のLINEと呼ばれる「カカオトーク」、仮想通貨ウォレット搭載を検討中
北朝鮮、6億7000ドルの仮想通貨を保有
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
ブロックチェーン関連特許が最も多い国は中国
エンジンコイン、世界中のゲームやサービスと提携

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が17日、新型戦術誘導兵器の射撃実験を視察したと、朝鮮中央通信が報じた…
  2. 韓国南部の晋州市(チンジュし)で17日、通り魔事件が発生した。40代男性が自身の部屋に火をつけた後、…
  3. 経済専門メディア「フォーブス」は16日、ブロックチェーンの分野で将来10億ドル以上の価値を持つと評価…
  4. 膠着状態に陥った米朝対話の勢いを取り戻すべく、文在寅大統領が4回目の南北首脳会談を計画しているものの…
  5. フランスの消防当局が16日(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災原因調査に本格的に着手した。…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る