韓国1人あたりの国民所得が世界10位に…初めてG7イタリアを抜く

国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを上回る見込みである事が分かった。韓国がG7国家を上回るのは初めて。これは新型コロナの影響でヨーロッパの指標が韓国より後退した事によるもの。

国銀行によると12日、昨年の韓国の1人あたりの名目GNIは、2019年の32115ドルから小幅減の31000ドル前後になるとみられる。これは実質成長率がマイナスとなり名目成長率が0%序盤まで下がった事に加え、ウォン=ドルレートが上昇したため。

しかし韓国の1人あたりのGNIの順位は逆に上昇するとみられる。世界銀行が直近3年間の平均為替レートを適用して計算した結果によると、2019年のイタリアの1人あたりのGNI34530ドルと、同年韓国の33790ドルを僅かに上回っていた。

OECD経済協力開発機構)が昨年、イタリアの名目成長率を韓国(0.1%)を大きく下回る−7.9%と予測した点を考慮すると、イタリアの1人あたりのGNIは韓国を下回る可能性が高い。

国の文在寅大統領は前日、新年の辞で「我々の経済は昨年OECD国家中最高の成長率で、GDP規模の世界10圏内に進入する見込み」だと、「1人あたりの国民所得も史上初めてG7国家を上回るとの予測」だと話した。

これらの予測が現実になれば、韓国の1人あたりのGNIG7と呼ばれる主要先進国(米国、日本、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ)の内のひとつを超える初の事例になる。

イタリアの1人あたりの国民所得はこれまで韓国を上回っていた。

世界銀行によると、2016年の韓国の1人あたりのGNI29330ドルで、イタリア(31950ドル)より約2600ドル低かった。2018年も韓国が32730ドルとイタリア(33840ドル)を下回っていた。

イタリアは観光などサービス業の占める比重が高く、輸出中心の韓国より新型コロナの影響を大きく受けた。一方の韓国は昨年、主要先進国がロックダウンをした事で第2四半期の成長率が急落したものの、輸出が11月(4.1%)、12月(12.6%)と復調する気配を見せている。

国の経済規模の順位も上昇するとみられる。

IMF国際通貨基金)の世界経済展望報告書を見ると、2020年の韓国のGDP15868億ドルで、世界10位になるとみられる。これは2019年の12位から2つ上げた順位。昨年韓国を上回っていたブラジルとロシアは12位と11位になるとの予想だ。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  2. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  3. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  4. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  5. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »