韓国1人あたりの国民所得が世界10位に…初めてG7イタリアを抜く

国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを上回る見込みである事が分かった。韓国がG7国家を上回るのは初めて。これは新型コロナの影響でヨーロッパの指標が韓国より後退した事によるもの。

国銀行によると12日、昨年の韓国の1人あたりの名目GNIは、2019年の32115ドルから小幅減の31000ドル前後になるとみられる。これは実質成長率がマイナスとなり名目成長率が0%序盤まで下がった事に加え、ウォン=ドルレートが上昇したため。

しかし韓国の1人あたりのGNIの順位は逆に上昇するとみられる。世界銀行が直近3年間の平均為替レートを適用して計算した結果によると、2019年のイタリアの1人あたりのGNI34530ドルと、同年韓国の33790ドルを僅かに上回っていた。

OECD経済協力開発機構)が昨年、イタリアの名目成長率を韓国(0.1%)を大きく下回る−7.9%と予測した点を考慮すると、イタリアの1人あたりのGNIは韓国を下回る可能性が高い。

国の文在寅大統領は前日、新年の辞で「我々の経済は昨年OECD国家中最高の成長率で、GDP規模の世界10圏内に進入する見込み」だと、「1人あたりの国民所得も史上初めてG7国家を上回るとの予測」だと話した。

これらの予測が現実になれば、韓国の1人あたりのGNIG7と呼ばれる主要先進国(米国、日本、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ)の内のひとつを超える初の事例になる。

イタリアの1人あたりの国民所得はこれまで韓国を上回っていた。

世界銀行によると、2016年の韓国の1人あたりのGNI29330ドルで、イタリア(31950ドル)より約2600ドル低かった。2018年も韓国が32730ドルとイタリア(33840ドル)を下回っていた。

イタリアは観光などサービス業の占める比重が高く、輸出中心の韓国より新型コロナの影響を大きく受けた。一方の韓国は昨年、主要先進国がロックダウンをした事で第2四半期の成長率が急落したものの、輸出が11月(4.1%)、12月(12.6%)と復調する気配を見せている。

国の経済規模の順位も上昇するとみられる。

IMF国際通貨基金)の世界経済展望報告書を見ると、2020年の韓国のGDP15868億ドルで、世界10位になるとみられる。これは2019年の12位から2つ上げた順位。昨年韓国を上回っていたブラジルとロシアは12位と11位になるとの予想だ。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »