米政府、風味付きの電子たばこ販売禁止へ

米国が青少年の喫煙を抑制するため、一部の風味付きの電子たばこの販売を禁止することを決めた。

米国食品医薬品局(FDA)は2日(現地時間)、「青少年の喫煙防止のため、カートリッジ装着タイプの電子タバコのうち、たばこ味とメンソール味以外の製品の販売を禁止する」と発表した。FDAは30日の猶予期間を置いた後、許可されていないカートリッジ装着タイプの電子たばこの製造、流通、販売行為を制裁する。今回の措置で、米国の若者に人気が高い果実味とミント味は退出されることになる。

ただし、使用者が直接液状ニコチンを混合するオープンタンク基盤の風味付き電子たばこは規制対象から除外された。カートリッジ装着タイプの電子タバコより若者たちの選好度が高くないというのが除外の理由。

FDAの統計によると、500万人以上の米中高生が電子タバコを利用しており、カートリッジ装着タイプがほとんどだという。保健社会福祉省のアレックス・アーザ長官は、「現在流行している電子タバコのように拡散が速いものを見たことがない」と指摘。また「青少年が最も多く使用している製品に(規制の)優先順位を付けて青少年がニコチン中毒に陥らないようにすると同時に、伝統的なタバコを使用している成人の潜在的な出口として、公衆衛生面で電子タバコのバランスを成し遂げていきたい」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »