米政府、風味付きの電子たばこ販売禁止へ

米国が青少年の喫煙を抑制するため、一部の風味付きの電子たばこの販売を禁止することを決めた。

米国食品医薬品局(FDA)は2日(現地時間)、「青少年の喫煙防止のため、カートリッジ装着タイプの電子タバコのうち、たばこ味とメンソール味以外の製品の販売を禁止する」と発表した。FDAは30日の猶予期間を置いた後、許可されていないカートリッジ装着タイプの電子たばこの製造、流通、販売行為を制裁する。今回の措置で、米国の若者に人気が高い果実味とミント味は退出されることになる。

ただし、使用者が直接液状ニコチンを混合するオープンタンク基盤の風味付き電子たばこは規制対象から除外された。カートリッジ装着タイプの電子タバコより若者たちの選好度が高くないというのが除外の理由。

FDAの統計によると、500万人以上の米中高生が電子タバコを利用しており、カートリッジ装着タイプがほとんどだという。保健社会福祉省のアレックス・アーザ長官は、「現在流行している電子タバコのように拡散が速いものを見たことがない」と指摘。また「青少年が最も多く使用している製品に(規制の)優先順位を付けて青少年がニコチン中毒に陥らないようにすると同時に、伝統的なタバコを使用している成人の潜在的な出口として、公衆衛生面で電子タバコのバランスを成し遂げていきたい」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »