ムーディーズ、世界自動車市場の見通しを下方修正

ムーディーズ、世界自動車市場の見通しを下方修正

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが乗用車とトラックの需要の弱体化を理由に、今年の世界自動車市場の見通しを「安定」から「否定的」に下方修正した。

ムーディーズは8日(現地時間)、研究報告書を公開し、世界自動車の販売増加率の予測値を当初の1.2%から0.5%に下方修正した。来年度は0.8%増えると予想した。下方修正の理由については、世界経済の成長鈍化とともに、昨年予想外に良好だった自動車販売が今年には不振を見せていることを挙げた。特に軽自動車の場合は、昨年の半分になると予想している。

米国市場では利上げの影響で、今年の自動車販売量が昨年より3%近く減少し、来年には0.6%増にとどまると予想した。専門家らは、今年の米国内自動車販売規模が2014年以来初めて1700万台に満たないと見ている。

さらに米政府の輸入車への関税賦課動きとイギリスの欧州連合離脱(ブレグジット)も自動車販売にリスクとして作用する可能性が高まっていると指摘している。

特にいわゆる「ノーディール・ブレックシート」が予定通り進められば、EUが英国の自動車に輸入関税10%を課すことになり、英自動車業界の大きな打撃は必至とムーディーズは警告した。昨年、英国で生産された自動車の80%が輸出され、このうち半分がEUに売られた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国著作権庁が21日、自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏が申請したビットコインのホワイトペーパ…
  2. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  3. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  4. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  5. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る