ビットコイン急騰…米FRB「無制限量的緩和」が好材料

米国の中央銀行、FRBによる事実上の「無制限量的緩和」でビットコインが急騰した。

ビットコイン(BTC)は直近24時間で大きな上昇を見せ、24日午後12時基準で6500ドルまで回復している。ビットコイン以外にも仮想通貨市場全体が順調な上昇を続けている。仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、イーサリアム(ETH)は8%上昇した135ドルで取引されており、時価総額3位のリップル(XRP)も5%近い上げ幅を記録している。

仮想通貨市場上昇の背景にはFRBによる無制限資産買い入れプログラムの発表がある。市場ではFRBの「無制限量的緩和」が市場に莫大な流動性を供給し、強力なインフレを誘発する可能性が高いとみられており、これによるリスク回避の手段としてビットコインを選択する可能性が高いと期待している。

世界最大の仮想通貨証拠金取引所ビットメックス(BitMEX)傘下のビットメックスリサーチは今月17日、ブログに公開したレポートで「新型コロナウイルスの感染拡大により、各国中央銀行は緊急の流動性供給及び量的緩和政策を採択している。これにより全世界的なインフレ発生は避けられず、この様な環境でビットコインは過去最大のチャンスを迎えるだろう」と予測している。

また今年5月にはビットコインの採掘報酬が半分となる半減期が予定されており、この事も価格上昇の好材料として働いている。

ただし一部専門家らは、まだ下落傾向が収まっておらず、2000ドル程度まで下がる可能性もあるとして、投資家らの慎重な選択を呼び掛けている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  2. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  3. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  4. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…
  5. 韓国で新型コロナウイルス感染者が1万人を突破した。今年1月20日に最初の感染者が発生して74日目とな…

おすすめ記事

  1. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  2. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  3. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  5. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
ページ上部へ戻る
Translate »