ビットコイン急騰…米FRB「無制限量的緩和」が好材料

米国の中央銀行、FRBによる事実上の「無制限量的緩和」でビットコインが急騰した。

ビットコイン(BTC)は直近24時間で大きな上昇を見せ、24日午後12時基準で6500ドルまで回復している。ビットコイン以外にも仮想通貨市場全体が順調な上昇を続けている。仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、イーサリアム(ETH)は8%上昇した135ドルで取引されており、時価総額3位のリップル(XRP)も5%近い上げ幅を記録している。

仮想通貨市場上昇の背景にはFRBによる無制限資産買い入れプログラムの発表がある。市場ではFRBの「無制限量的緩和」が市場に莫大な流動性を供給し、強力なインフレを誘発する可能性が高いとみられており、これによるリスク回避の手段としてビットコインを選択する可能性が高いと期待している。

世界最大の仮想通貨証拠金取引所ビットメックス(BitMEX)傘下のビットメックスリサーチは今月17日、ブログに公開したレポートで「新型コロナウイルスの感染拡大により、各国中央銀行は緊急の流動性供給及び量的緩和政策を採択している。これにより全世界的なインフレ発生は避けられず、この様な環境でビットコインは過去最大のチャンスを迎えるだろう」と予測している。

また今年5月にはビットコインの採掘報酬が半分となる半減期が予定されており、この事も価格上昇の好材料として働いている。

ただし一部専門家らは、まだ下落傾向が収まっておらず、2000ドル程度まで下がる可能性もあるとして、投資家らの慎重な選択を呼び掛けている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  2. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  3. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  4. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  5. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »