韓国海兵隊ヘリが墜落…回転翼と胴体部分が分離(映像あり)

17日午後4時41分、韓国海兵隊上陸機動ヘリ「マリンオン」(MUH-1)が地上10mの高さから墜落し、乗務員6人中5人が死亡、1名が負傷した。/写真=韓国海兵隊

17日に韓国・浦項市の浦項飛行場で墜落した韓国海兵隊ヘリの墜落時の様子が写った映像が公開された。

海兵隊は18日、事故発生の瞬間が写っている監視カメラの9秒間の映像を公開した。公開された監視カメラの映像には、ヘリが浮上して僅か2~3秒後に回転翼と胴体部分が分離し、墜落していく姿が写し出されている。翼を失った機体は為す術もなく地上に落ちた。

今回の事故は17日午後4時41分、韓国海兵隊上陸機動ヘリ「マリンオン」(MUH-1)が地上10mの高さから墜落し、乗務員6人中5人が死亡、1人が負傷した事故だ。ヘリは全焼し、韓国軍は午後5時までに消火作業を完了させている。

韓国海兵隊は事故即時調査委員会(チョ・ヨンス海兵隊戦力企画室長・准将)を設置して正確な事故原因を調査中だが、公開された監視カメラの映像を見た上で、機体の欠陥または整備過程において何らかの問題があったのではないかとの見方も出ている。

自主国防ネットワークのイ・イルウ事務局長はCBSラジオに出演し、「操縦技術が未熟であった可能性はほぼ無いと思われる。正操縦士のキム某中佐と副操縦士のノ某少佐は軍においても相当に実力優秀な操縦士として知られている」とし、「僅か10mしか浮上していないだけに、操作ミスにより事故が発生した可能性は相当低いと見ている」との主張を述べた。
マリンオンは今年1月に陸軍の機動ヘリである「スリオン」を上陸機動ヘリに改造した機体で、4機が海兵隊に納入されている。今回事故を起こした機体はマリンオン2号機だ。
スリオンを改造した「マリンオン」の墜落事故以降、海兵隊はもちろん陸軍も各部隊に配備された90機超のスリオン型ヘリの運行を全面的に中止している。

demiana@fnnews.com チョン・ヨンブ記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »