コインチェック、みなし業者から登録業者へ…取引所の再開も

コインチェック、みなし業者から登録業者へ…取引所の再開も

■コインチェック、みなし業者から登録業者へ
今年1月にハッキング事故で580億円相当仮想通貨を盗まれたコインチェックについて、金融庁が仮想通貨交換業者として正式に認めることを検討している。20日(現地時間)コインテレグラフによると、金融庁は、最終承認段階ではないが、コインチェックの認定登録を審査しているという。ハッキング事故以来取引所を閉鎖したコインチェックは、11月から一部のアルトコインの取引を再開し、日本ネットワークセキュリティ協会にも加入するなど、取引所の再開に力を注いでいる。

■ロシア、選挙でブロックチェーン活用
ロシア北部地域サラトフ州のオブラストで約4万人の住民がブロックチェーン技術を用いた選挙を進めた。コインテレグラフが18日(現地時間)、伝えた。記事によると、今月12日、当該地域の有権者は地域の青年議会のメンバーを選出するため、ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labが開発したブロックチェーン基盤の選挙システム「ポリス(Polys)」を投票の際に使用した。ロシアの選挙でブロックチェーン基盤のシステムが活用されたことは今回が初めて。

■英国税庁、個人投資家にも所得税の賦課方針
英国国税庁が個人投資家を対象に、仮想通貨投資収益に税金を課す方針だ。国税庁が発表した課税案には、仮想通貨投資収益に対する所得税、国民保険金、仮想通貨販売の際に譲渡所得税の賦課などが含まれている。「所得があるところには課税する」という基本方針を再確認したもので、海外メディアは「仮想通貨を資産として認める本格的な政策の推進」と分析した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年12月20日に韓国海軍艦艇と日本海上自衛隊の哨戒機のレーダー照射問題が起きてからすでに一ヶ月が経…
  2. 韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」は22日、新日鉄住金への追加訴訟を準備中だと伝えた。同団…
  3. 韓国国防部は22日、日本と対立しているレーダー照射問題と関連して米国と情報を共有していると伝えた。…
  4. 韓国経済最後の砦である輸出戦線に赤信号が灯った。21日に関税庁が発表した資料によると、今月1〜20日…
  5. ビットコインが3600ドル台を割り込み、3500ドル台で値動きしている。3500ドルは多くの専門家ら…

おすすめ記事

  1. 2019-1-21

    米朝首脳会談、開催場所はハノイかダナンか…米朝両者に近しいベトナムが有力

    2回目の米朝首脳会談の開催地として、ベトナムのハノイとダナンが有力視されている。ベトナムは米朝両者と…
  2. 2019-1-16

    PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

    PM2.5が一年中韓国の空気を支配している。市民らは今月13日から15日まで3日連続で最悪の大気汚染…
  3. 2019-1-8

    韓国、結婚離れ加速…未婚率で日本を上回る

    韓国、結婚離れ加速…未婚率で日本を上回る 韓国の未婚率が急速に増加していることが分かった。ま…
  4. 2019-1-7

    CESの5大トピックに「ブロックチェーン」初選定

    CESの5大トピックに「ブロックチェーン」初選定 ‐5G、IoT、ヘルスケア、自動車と共にC…
  5. 2018-12-30

    韓国人が日本で犯した犯罪は韓国の法律に基づき処罰することは可能か?

    [JL法律事務所代表 朴性文の法律相談] 韓国人が日本で犯した犯罪は韓国の法律に基づ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る