コインチェック、みなし業者から登録業者へ…取引所の再開も

コインチェック、みなし業者から登録業者へ…取引所の再開も

■コインチェック、みなし業者から登録業者へ
今年1月にハッキング事故で580億円相当仮想通貨を盗まれたコインチェックについて、金融庁が仮想通貨交換業者として正式に認めることを検討している。20日(現地時間)コインテレグラフによると、金融庁は、最終承認段階ではないが、コインチェックの認定登録を審査しているという。ハッキング事故以来取引所を閉鎖したコインチェックは、11月から一部のアルトコインの取引を再開し、日本ネットワークセキュリティ協会にも加入するなど、取引所の再開に力を注いでいる。

■ロシア、選挙でブロックチェーン活用
ロシア北部地域サラトフ州のオブラストで約4万人の住民がブロックチェーン技術を用いた選挙を進めた。コインテレグラフが18日(現地時間)、伝えた。記事によると、今月12日、当該地域の有権者は地域の青年議会のメンバーを選出するため、ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labが開発したブロックチェーン基盤の選挙システム「ポリス(Polys)」を投票の際に使用した。ロシアの選挙でブロックチェーン基盤のシステムが活用されたことは今回が初めて。

■英国税庁、個人投資家にも所得税の賦課方針
英国国税庁が個人投資家を対象に、仮想通貨投資収益に税金を課す方針だ。国税庁が発表した課税案には、仮想通貨投資収益に対する所得税、国民保険金、仮想通貨販売の際に譲渡所得税の賦課などが含まれている。「所得があるところには課税する」という基本方針を再確認したもので、海外メディアは「仮想通貨を資産として認める本格的な政策の推進」と分析した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »