「新型肺炎の宿主はコウモリ」=中国研究チーム

「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は22日、中国疾病予防統制センターの主任、高福氏が同日発表した研究報告書を報じ、「新型コロナウイルスとSARS(重症急性呼吸器症候群)の類似性が高い」と伝えた。

研究チームは、フルーツコウモリを宿主としている「HKU9-1」ウイルスに注目し、「武漢市のコロナウイルスの自然宿主はコウモリである可能性が高い」とし「ただコウモリと人の間には、未知の中間媒体があると思われる」と分析した。

コロナウイルス系である「SARS」と「MERS(中東呼吸器症候群)」の最初の宿主もコウモリと知られている。このウイルスは、他の動物を経て人に伝播されたとされる。

今回の新型肺炎の震源地と目されている「華南海鮮卸売市場」ではワニ、ハリネズミ、鹿などの各種の野生動物が販売されている。研究チームは、今回の新型コロナウイルスが同市場で販売された野生動物から始まったとみている。

一方、武漢市の「華南海鮮卸売市場」で始まった新型肺炎は、人から人への感染が確認されており、現在、米国、タイ、日本、韓国、マカオなどでも感染者が相次いでいる。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヨーロッパではイタリアに続きスペインも新型コロナウイルス感染症による死者の数が中国を超えた。現在、全…
  2. 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、1年延期された東京五輪の開催時期について「夏に限定し…
  3. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…
  4. 25日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI、コスピ)は5%を超える大幅の続伸を記録し1700台を…
  5. 米国のニューヨーク株式市場が新型コロナウイルス感染拡大に対する景気浮揚策への期待感から11%上昇した…

おすすめ記事

  1. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  2. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  3. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
  4. 新型コロナウイルス感染症が全世界に拡がり、各国でマスクや消毒剤の品不足が起こっている中、突如としてト…
  5. 1981年に発表されたディーン・クーンツの小説「闇の眼」のキーワードだ。新型コロナウイルス感染症が中…
ページ上部へ戻る
Translate »