「新型肺炎の宿主はコウモリ」=中国研究チーム

「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は22日、中国疾病予防統制センターの主任、高福氏が同日発表した研究報告書を報じ、「新型コロナウイルスとSARS(重症急性呼吸器症候群)の類似性が高い」と伝えた。

研究チームは、フルーツコウモリを宿主としている「HKU9-1」ウイルスに注目し、「武漢市のコロナウイルスの自然宿主はコウモリである可能性が高い」とし「ただコウモリと人の間には、未知の中間媒体があると思われる」と分析した。

コロナウイルス系である「SARS」と「MERS(中東呼吸器症候群)」の最初の宿主もコウモリと知られている。このウイルスは、他の動物を経て人に伝播されたとされる。

今回の新型肺炎の震源地と目されている「華南海鮮卸売市場」ではワニ、ハリネズミ、鹿などの各種の野生動物が販売されている。研究チームは、今回の新型コロナウイルスが同市場で販売された野生動物から始まったとみている。

一方、武漢市の「華南海鮮卸売市場」で始まった新型肺炎は、人から人への感染が確認されており、現在、米国、タイ、日本、韓国、マカオなどでも感染者が相次いでいる。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  2. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  3. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  4. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  5. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »