「新型肺炎の宿主はコウモリ」=中国研究チーム

「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は22日、中国疾病予防統制センターの主任、高福氏が同日発表した研究報告書を報じ、「新型コロナウイルスとSARS(重症急性呼吸器症候群)の類似性が高い」と伝えた。

研究チームは、フルーツコウモリを宿主としている「HKU9-1」ウイルスに注目し、「武漢市のコロナウイルスの自然宿主はコウモリである可能性が高い」とし「ただコウモリと人の間には、未知の中間媒体があると思われる」と分析した。

コロナウイルス系である「SARS」と「MERS(中東呼吸器症候群)」の最初の宿主もコウモリと知られている。このウイルスは、他の動物を経て人に伝播されたとされる。

今回の新型肺炎の震源地と目されている「華南海鮮卸売市場」ではワニ、ハリネズミ、鹿などの各種の野生動物が販売されている。研究チームは、今回の新型コロナウイルスが同市場で販売された野生動物から始まったとみている。

一方、武漢市の「華南海鮮卸売市場」で始まった新型肺炎は、人から人への感染が確認されており、現在、米国、タイ、日本、韓国、マカオなどでも感染者が相次いでいる。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »