脱北者5人が北朝鮮の金正恩氏を提訴 「帰国事業は国家的な誘拐行為」

脱北者5人が北朝鮮の金正恩氏を提訴 「帰国事業は国家的な誘拐行為」

北朝鮮から脱出した脱北者5人が20日、北朝鮮政府を相手取り、1人あたり1億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。北朝鮮政府を相手取った訴訟は日本で初めて。

訴状などによると、原告5人は「地上の楽園」という北朝鮮の虚偽の宣伝に騙されて北朝鮮に移住したが、十分な食糧をもらえず、劣悪な住居環境に苦しんだと主張。さらに監視対象となり、自由な出国や国内移動も許されなかったという。原告側は「長期間にわたり北朝鮮は基本的人権を抑圧した。北朝鮮の帰国事業は国家的な誘拐行為だった」とし「現在も北朝鮮に残っている家族と会うこともできない」と訴えている。

北朝鮮は1959年から1984年にかけて在日コリアンや日本人配偶者などを対象に帰国運動を展開し、約10万人が北朝鮮に移住したとされる。中には約7000人の日本国籍者も含まれているという。

日本の訴状の被告に「朝鮮民主主義人民共和国」が書かれたのは今回が初めて。また被告代表者として金正恩(キム・ジョンウン)国務委員会委員長の名が記載されている。朝日新聞などによると、訴状の送達方法などの問題もあり裁判所が審理を行うのかが注目だ。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »