脱北者5人が北朝鮮の金正恩氏を提訴 「帰国事業は国家的な誘拐行為」

脱北者5人が北朝鮮の金正恩氏を提訴 「帰国事業は国家的な誘拐行為」

北朝鮮から脱出した脱北者5人が20日、北朝鮮政府を相手取り、1人あたり1億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。北朝鮮政府を相手取った訴訟は日本で初めて。

訴状などによると、原告5人は「地上の楽園」という北朝鮮の虚偽の宣伝に騙されて北朝鮮に移住したが、十分な食糧をもらえず、劣悪な住居環境に苦しんだと主張。さらに監視対象となり、自由な出国や国内移動も許されなかったという。原告側は「長期間にわたり北朝鮮は基本的人権を抑圧した。北朝鮮の帰国事業は国家的な誘拐行為だった」とし「現在も北朝鮮に残っている家族と会うこともできない」と訴えている。

北朝鮮は1959年から1984年にかけて在日コリアンや日本人配偶者などを対象に帰国運動を展開し、約10万人が北朝鮮に移住したとされる。中には約7000人の日本国籍者も含まれているという。

日本の訴状の被告に「朝鮮民主主義人民共和国」が書かれたのは今回が初めて。また被告代表者として金正恩(キム・ジョンウン)国務委員会委員長の名が記載されている。朝日新聞などによると、訴状の送達方法などの問題もあり裁判所が審理を行うのかが注目だ。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  2. BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは18日、ソウル・江南区にBTSのポ…
  3. グローバル・ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」を主導するフェイスブックの…
  4. 約2週後に迫った英国のEU脱退(ブレグジット)をめぐり、英国と欧州連合(EU)が劇的に新しい脱退協定…
  5. 米動画配信大手ネットフリックスが今年第3四半期に市場予想を上回る純利益を記録した。しかし新規加入者数…

おすすめ記事

  1. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
  2. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  3. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  4. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  5. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
ページ上部へ戻る