欧州各国が相次い国境開放…観光再開への動き

新型コロナウイリスの感染拡散がやや鈍化した欧州で、各国が続々と国境を再び開いている。厳しい封鎖措置が施行されてから約3ヶ月ぶりだ。

新型コロナの最大の被害国の一つであるイタリアは3日(現地時間)から国境を開放して、欧州地域の観光客の入国を許可した。

国許可の対象は、欧州連合(EU)加盟国とシェンゲン協定加盟国からくる観光客。欧州ではEU加盟27国のうち、22国とノルウェー、スイス、アイスランド、リヒテンシュタインなど26国が国境を自由に移動できるシェンゲン協定に加入している。

実上ほとんどの欧州の国が国境の扉を開けたことになる。自動車、列車、クルーズ・フェリー、旅客機など、すべての交通手段で入国が可能で、旅客機は、ローマとミラノ、ナポリの3つの都市を介して入ることができる。

イタリアは先月初めから海外観光客を入国させるための対策を急いで進めてきた。新型コロナがもたらした戦後最悪の経済難を打開するには、国の経済の13%を占める観光産業を回復させることが急務だとの判断からだ。イタリアの各地域では、ウイルスから安全であることを掲げ、観光客誘致に熱を上げている。

イタリアの新規感染者数は最近、一日300人台程度。累積感染者は3日時点で233836人。死亡者は33601人である。

オーストリアは4日からイタリアを除くすべての隣国との陸上検問所で、入国の際に検問をしないことにした。イタリアと接した国境管理は来週再び検討する予定だ。

ベルギーは15日からEU加盟国、シェンゲン協定加盟国、イギリスからの入国者に国境を再び開く計画だ。ドイツも同日から旅行警報を解除する。ノルウェーとデンマークは15日から相互間の観光が可能となる。デンマークの場合、ドイツ、アイスランドからの観光客の入国も同日から許可する。

懸念の声も出ている。世界保健機関(WHO)は先月25日、米国と欧州諸国の性急な封鎖緩和について「第2波」を引き起こす可能性があると警告した。WHOのライアン緊急準備対応事務次長は、各国が現在の減少勢に安住してはならないと強調した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »