ウォール街、原油価額は来年上半期回復…下半期には不安

ウォール街、原油価額は来年上半期回復…下半期には不安

来年の原油価額は、上半期と下半期に分かれて対照的な動きを見せるという見通しが出ている。

米経済専門放送局CNBCは26日(現地時間)、「ウォール街のアナリストらは来年の原油価額について、上半期には緩やかな回復傾向を見せるが、下半期には逆風に直面する可能性があると予測している」と報じた。国際原油価格は現在、不確実な石油需要見通し、主要産油国の増産動きなどの影響で下落している。過去10月初めの価額に比べると約40%安の水準。

ウォール街は、来年上半期の原油価額について上昇回復を予想している。世界的な経済成長が持続され、石油への需要も増加すると予想されているからだ。さらに、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの産油国が1月から日量120万バレルを減産することに合意した。カナダのアルバータ州も原油在庫を減らすため、日量基準で32万5000バレルを減産する計画だ。また、米国のパイプライン施設の不足で、テキサス州西部の主要シェールオイル生産地での増産が少なくとも上半期中には抑制されるとみられる。

しかし、パイプライン追加が完了される下半期には、米国のシェールオイルの生産量が急増すると予想され、原油価格の下落要因になるとみられる。米シェールオイルの急増への対応としてOPECは来年6月に終了する減産合意を延長する可能性があるが、その効果には疑問も提起されている。シティグループのグローバル商品取締役エド・モス氏は、「減産合意延長が米国の増産を煽り、原油価格を落とすことができる」と指摘している。

大型銀行の分析では来年の展望を明るく見るものの、米中貿易戦争のようなマクロ経済的な要素だけでなく、これまで過小評価されたアジア精製施設の稼働増加を注目し、原油価格が急落や急騰する可能性もあると警告している。特に米中貿易摩擦について「米国と中国が90日間の休戦期間内に貿易交渉に合意を見出せないと、貿易戦争が全面戦に拡大し、互いに輸入するすべての製品に関税を賦課することが最大のリスクだ」と懸念した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »