ネットフリックス、8年ぶりに加入者減少…「ストリーミング戦争」

ネットフリックス、8年ぶりに加入者減少…「ストリーミング戦争」

動画ストリーミング企業・ネットフリックス(Netflix)の有料視聴者数が米国で8年ぶりに減少し、競合他社との競争が激しくなっていることが分かった。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)をはじめとする海外メディアは先週、公開されたネットフリックスの第2四半期実績で、米国の加入者数が前期比13万人減少したと報じた。ネットフリックスの上半期の売上高は26%増加した49億2000万ドルを記録したが、アナリストの予想平均であった49億3000万ドルには及ばなかった。純利益は2億7100万ドルで、前年同期の3億8400万ドルに比べて大きく減少した。今年に入って二桁の上昇率を見せたネットフリックスの株価はこの日場外取引で11%以上下落した。

ネットフリックスは投資家に送った書簡で、加入者の増加スピードが落ちたのはコンテンツ改編のためだと説明している。ネットフリックスのリード・ヘイスティングスCEO (最高経営責任者)は、昨年より今年の加入者数がさらに増加するだろうとし、第3四半期には米国からの80万人を含めて700万人の有料視聴者を追加すると予想した。

最近ネットフリックスに対抗して、ウォルト・ディズニー(Disney)やアップル(Apple)、ワーナーメディア(WarnerMedia)、NBCユニバーサル(NBCUniversal)などのメディアや情報技術(IT)企業が加わり、ウォール街では「ストリーミング戦争」が始まったと見ている。

これについてヘイスティングスCEOは、「ストリーミング戦争は動画配信部門のさらなる成長を遂げるためのチャンスになる」と自信感を見せた。しかし、ネットフリックスは今年を最後に人気コメディードラマ「フレンズ」と「ザ・オフィス」の放映権をNBCユニバーサルに渡さなければならない。

ネットフリックスは自主制作コンテンツへの投資をさらに増やす方針だが、投資家は慎重に今後の推移を注視する構えだ。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る