ネットフリックス、8年ぶりに加入者減少…「ストリーミング戦争」

ネットフリックス、8年ぶりに加入者減少…「ストリーミング戦争」

動画ストリーミング企業・ネットフリックス(Netflix)の有料視聴者数が米国で8年ぶりに減少し、競合他社との競争が激しくなっていることが分かった。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)をはじめとする海外メディアは先週、公開されたネットフリックスの第2四半期実績で、米国の加入者数が前期比13万人減少したと報じた。ネットフリックスの上半期の売上高は26%増加した49億2000万ドルを記録したが、アナリストの予想平均であった49億3000万ドルには及ばなかった。純利益は2億7100万ドルで、前年同期の3億8400万ドルに比べて大きく減少した。今年に入って二桁の上昇率を見せたネットフリックスの株価はこの日場外取引で11%以上下落した。

ネットフリックスは投資家に送った書簡で、加入者の増加スピードが落ちたのはコンテンツ改編のためだと説明している。ネットフリックスのリード・ヘイスティングスCEO (最高経営責任者)は、昨年より今年の加入者数がさらに増加するだろうとし、第3四半期には米国からの80万人を含めて700万人の有料視聴者を追加すると予想した。

最近ネットフリックスに対抗して、ウォルト・ディズニー(Disney)やアップル(Apple)、ワーナーメディア(WarnerMedia)、NBCユニバーサル(NBCUniversal)などのメディアや情報技術(IT)企業が加わり、ウォール街では「ストリーミング戦争」が始まったと見ている。

これについてヘイスティングスCEOは、「ストリーミング戦争は動画配信部門のさらなる成長を遂げるためのチャンスになる」と自信感を見せた。しかし、ネットフリックスは今年を最後に人気コメディードラマ「フレンズ」と「ザ・オフィス」の放映権をNBCユニバーサルに渡さなければならない。

ネットフリックスは自主制作コンテンツへの投資をさらに増やす方針だが、投資家は慎重に今後の推移を注視する構えだ。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »