中国製造業PMIが“回復”シグナル?「拡大局面」は7ヶ月ぶり

中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が7ヶ月ぶりに50を上回った。PMIが50を超えると景気拡大局面、下回れば景気縮小局面にあることを意味する。

中国国家統計局は30日、11月のPMIが前月より0.9ポイント上昇した50.2を記録したと発表した。製造業PMIが50を超えたのは、今年4月以来7ヶ月ぶりだ。市場予想の49.5も大幅に上回り、景気回復への期待感も高まっている。

PMIが50を超えた背景が注目されている。中国が米中の貿易交渉長期化と景気減速で困難を経験する中で、景気回復のシグナルが出てきたからだ。海外からの新規受注が回復されつつあることが影響を及ぼしたという分析がます聞こえる。クリスマスセールを狙った海外の注文が増えたということだ。一部では、中国政府が推進してきた景気浮揚策が徐々に効果を出し始めているとの分析も提起している。

その一方、国内総生産(GDP)成長率、工業生産、工業利益など、中国の主な経済指標が全般的に悪化しており、製造業PMIの改善の流れが継続するのは難しいという見方もある。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る